153歳のビショップ。まだまだサクなしでいけるはず!


by sifutoup

夢を見た

昨日の夢はちょっと不思議な夢でしたので、書き連ねてみようかな・・・


自分は病弱な少女になってました。

和室でいつも寝たきりで、あまり体調はよくなさそう。

母親は小さい時に亡くしていて、父親は仕事に忙しく、家には時々帰ってくるぐらい。

家には家政婦さんが一人いるだけ。

毎日布団の中で療養するだけの生活が続いていた。


何日か経ったある日・・・

男の子が部屋に入ってきた。

同年代ぐらいであろう男の子は自分を見つけるなり、笑顔で話してかけてきた。

始めて見る父親と家政婦以外の人。

でもその男の子の笑顔を見てるとなぜだか知らないが安心して、こちらも笑顔になってきた。

男の子と話してる時だけは病気のことを忘れていれた。


それからも男の子は時々遊びに来てくれた。

そのたんびに色々なお話をしてくれ、そのたんびに元気になっているような気がした。


よくよく考えてみると、父親が帰ってきている時だけ、男の子は遊びに来ているような気がする。

一体父親とはどんな関係なのだろう。

自分の為に近所の子を連れてきてるのかな。

それを聞こうにも、父親は自分のところには来ずに、家政婦に任せたっきりだ。


それから何日かが経ち、また父親が帰ってきた。

しかし、男の子は現われなかった。

どうしたんだろう。

いつまで経っても男の子は現われない。

父親に聞いてみよう。

そう決めて、体に力を入れ、今まで出ることのできなかった部屋の外に出た。

部屋の外に出てからふと気づいた。

今まで歩けなかったのに歩けている。

でも今はそんなことはどうでもいい。

男の子のことを聞かなければ。


家の中を探し回り、やっと父親を見つけた。

父親はドアのところに立つ自分を見ると驚いていた。

そんなことも構わず聞いた。

「あの男の子はどこ?」

「男の子?」

「お父さんが帰ってきた時に連れてきてくれた男の子よ。」

「・・・」


父親は知らなかった。

そんな男の子は連れてきた覚えはないと言っていた。


ではあの男の子はいったい誰だったのか?

今となっては解らない。

でも一つだけ確かなことがある。

あの男の子が来てから私は元気になれたのだ。


ふと窓の外を見上げると春なのに雪が降っていた・・・・。




という夢を見ました==;

夢は深層心理を表すといいますが、これはさすがに違うだろう・・・・

寝る前にこういった本を読んだってわけでもない。

なんだったんだろうか@@?

だれかの記憶が夢となって現れるってのは都市伝説できな話だしなぁ・・・

これって夢占いにかけれるのだろうか?^^;
[PR]
by sifutoup | 2008-07-02 02:06 | リアル